オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
学校の教室

最近、日本語教師を要請する講座のある学校に通う人が増えています。
目的は、プロの日本語教師になりたい人から、ボランティアで外国人に指導したい人など様々です。
それでは、なぜ日本語教師になるために学校に通うのか、それは日本語を外国語として教える難しさがあるからです。
私たちは、学校で国語として日本語を勉強しますが、それは自国語の勉強であって、外国語としては捉えていません。
そのため、外国人に日本語を指導するためには、そのノウハウを教えてくれる講座で勉強する必要があります。
日本語教師になるための講座は、主に外国語学校で開かれています。
外語学校での講座は、週2回ほどの授業でも、月に2万円から3万円の授業料が掛ります。
しかも、日本語教師養成講座は特別なコースなので、更に追加の料金が掛る場合もあります。
それでも尚、多くの人が日本語教師を目指す背景には、それだけ身近に外国人と接する機会が増えたということです。

日本語教師はどんな仕事

日本語教師とは、日本語を母語としていない海外の人などに日本語を教える先生です。
日本語教師は、国内と海外両方で活躍することができます。
そして、国内と海外では働くメリットが異なります。
国内の場合は、まず生活環境を変えることなく働けて、研修や勉強会に参加する機会があります。
次に、日本を題材にした教材を準備できます。
海外の場合は、やりがいを感じることができ、かけがえのない経験ができます。
また、教師としても成長できます。
このように、働く場所によってメリットが違うため、自分がどちらに向いているのか慎重に選ぶ必要があります。
日本語教師になるためには、特に資格が必要なわけではありません。
ですが、大学や留学生に教える場合は、専門的な学習と経験が必要です。
小学校や中学校で教える場合は、教育免許が必要になります。
ボランティアや個人で行う場合は、特に資格は必要ありません。
そうは言っても、多少は関連する資格を持っていた方が、採用されやすいです。
なので、一つは、民間の日本語教師養成420時間講座を終了する方法があります。
二つ目は、能力検定試験に合格する方法もあります。
また、大学の日本語科などを受けることです。
このように、学校に通って学ぶ通学講座と自宅で学習できる通信講座があります。
自分の生活スタイルに合わせて選ぶことができます。
選ぶ際は、費用などで選ばずに、しっかり調べて自分にぴったりな学校や通信講座を選ぶのが大切です。